本文へスキップします。

H1

ロケ地めし

【日】ロケ地めしロケ旅一覧

映画やドラマ等作品の舞台となったお店やロケ地近隣のグルメスポットを紹介します。

ロケ地めしの検索結果「28」件

水道橋 鳥福

都心
ドラマ
ドラマ『妄想彼女』(2015)で登場した居酒屋が、千代田区にある「水道橋 鳥福」です。このお店で、第1話の高島圭祐(浅利陽介)と安西晃平(丸山智己)の食事シーンの撮影が行われました。鳥福は、鶏の旨味がギュッとつまったこだわりの水炊き鍋をはじめ、丁寧に焼き上げた炭火串焼など、新鮮な鶏を厳選し、素材そのものの味わいを追求したさまざまなメニューを揃えた鶏料理専門店。焼酎、日本酒も豊富に取り揃えています。仕事帰りに同僚・友人と、週末に恋人と、おいしい鶏料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

もつ千 赤坂店

都心
ドラマ
ドラマ『コウノドリ』(2017)に登場したのが、港区にある「もつ千 赤坂店」です。第2話で小松留美子(吉田羊)の歓迎会が行われた居酒屋「ぶーやん」として登場後、第5話で下屋加江(松岡茉優)と白川領(坂口健太郎)と小松の3人が話すシーン、第7話で角田真弓(清野菜名)が大森太助(角田晃広)を紹介するシーンで、度々登場しています。「もつ千」は、新鮮なもつと備長炭で焼く串焼きが名物のもつ焼き居酒屋。手頃な価格で豊富なメニューを楽しむことができます。ランチタイムには、ワンコインでボリュームたっぷりのカレーライスも人気。軽く一杯から宴会まで、気軽に行けるお店です。

スワンカフェ 銀座店

都心
ドラマ
ドラマ『のだめカンタービレ』(2006)最終話で、多賀谷彩子(上原美佐)と千秋征子(黒田知永子)が千秋真一(玉木宏)の留学先について話していたお店が、中央区にあるここ「スワンカフェ 銀座店」。ヘルシーなサンドイッチ、日替わりパスタ、こだわりの焼き菓子、隠れた人気メニューのキッシュなど、種類豊富なメニューが魅力。お隣の「スワンベーカリー」から運ばれてくる焼きたてのパンもぜひ一度味わってみたいところ。モーニング・ランチをゆっくり楽しむカフェとして、夜はお酒と一品を楽しむビストロとして、どんな時も美味しいひとときをくれる、居心地のよいお店。天気のいい日はオープンテラスがオススメです!

MY HUMBLE HOUSE TOKYO

都心
ドラマ
ドラマ『リーガルハイ』(2013)第5話で薫真知子(新垣結衣)と羽生晴樹(岡田将生)が食事をしていたレストランが、中央区にあるレストラン「MY HUMBLE HOUSE TOKYO」です。足を踏み入れると広がる優雅でラグジュアリーな空間、生演奏によるBGM、心地よいおもてなし。夜の銀座にふさわしい大人な雰囲気の中で、世界のセレブたちを魅了してきたエスニック料理を楽しむことができます。リッチなディナーはもちろん、記念日や誕生日など、特別なひとときをドラマのワンシーンのように演出してくれる素敵なレストランです。

スカイレストラン ルーク

都心
ドラマ
ドラマ『花より男子』(2005)第8話で牧野つくし(井上真央)と道明寺司(松本潤)が話をしていた屋上レストランが、中央区の聖路加ガーデンにあるここ「スカイレストラン ルーク」です。つくしと道明寺椿(松嶋奈々子)と松岡優紀(西原亜希)が、“TOJ”について話すシーンでも登場しています。地上221mから東京の街を眺めながら、世界各国の食材と調理法で仕上げた上質なランチ・ディナーを楽しめる天空レストラン。まるで空の上にいるかのような開放的なテラス、天井高13mのスタイリッシュな空間が広がるダイニング、東京の空と景色を一望できるスカイラウンジ、ゆっくりプライベートタイムを過ごせる個室を取り揃えており、お祝いや記念日など、大切な人と一緒にドラマのような「感動の瞬間」を共にできるのが魅力です。

神田まつや

都心
ドラマ
ドラマ『花咲舞が黙ってない』(2014)の第1話で花咲舞(杏)と相馬健(上川隆也)が食事をしていたお店が、千代田区にあるここ「神田まつや」です。明治17年創業の老舗蕎麦屋で、美食家で有名な小説家・池波正太郎に愛されたお店としても知られています。主演の杏さんも現場でモリモリ食べていたとのこと。江戸の蕎麦の味をいまに継ぐ名店、絶品の手打ち蕎麦をぜひ一度楽しみたいところです。

居酒屋酔の助 神保町店

都心
映画
映画『舟を編む』(2013)で仕事を終えた馬諦光也(松田龍平)が仲間と呑み交わすのが、ここ「居酒屋酔の助 神保町店」。TVCMなどでも多く使われるこのお店は、神保町で30年続く有名店。どこか懐かしい雰囲気に包まれながら、映画のように仲間と一杯いってみたい。

日比谷サロー

都心
ドラマ
ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』(2016)で登場したカフェが、千代田区日比谷公園にあるここ「日比谷サロー」です。第1話で、班目所長(岸部一徳)が深山大翔(松本潤)をスカウトする場面の撮影が行われました。その他、数々のドラマの撮影が行われたことでも知られ、都内ロケ地として有名で多くのファンが訪れています。創業は1949年。カフェとしては日本初とも言われるオープンテラスが気持ちいい老舗カフェです。ドイツ、ベルギーなど世界各国の生ビールを取り揃えており、なかにはここでしかない飲めないモノも。他にも、iTQi優秀味覚賞で最高ランク三ツ星受賞のプレミアム生クリームソフトや創業当時から愛されるオムライスなどの洋食メニューも豊富。日比谷公園の自然に囲まれて、晴れた日にオープンテラスで楽しむビールと食事は格別です。

珈琲タイムス

新宿
ドラマ
ドラマ『花咲舞が黙ってない』(2015)第8話で花咲舞(杏)と相馬健(上川隆也)が磯辺隆彦(小市慢太郎)に会った喫茶店が、新宿区にあるここ「珈琲 タイムス」です。新宿駅から歩いてすぐの路地裏にある、レトロな趣が残る純喫茶。街の喧噪を忘れてホッとできる、落ち着いた空間が広がります。メジャー紙からスポーツ紙まで、新聞がズラリと並んだ棚は壮観!気になる一紙を手に取って、コーヒーで一息いれましょう。

喫茶フローラ

両国・押上・向島
ドラマ
墨田区にあるここ『喫茶フローラ』は、ドラマ『主に泣いてます』(2012)で“喫茶カトレア”として登場します。テーブルやイスはほぼ営業時そのままで撮影されており、訪ねればドラマの世界をそのまま味わえるはず。レトロな雰囲気にうっとりです。

あんのん 中目黒店

渋谷・恵比寿・目黒
ドラマ
ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(2016)で、十倉誠司(藤木直人)が経営する和風割烹料理店「とくら」として登場するのが、目黒区にあるここ「あんのん 中目黒店」。エントランスで「とくら」の外観の撮影が行われました。目黒川沿いの路地を入った場所にある「あんのん」は、“新しい大人の隠れ家”がコンセプトの和琉ダイニング。木のぬくもりが心地よく、琉球王朝を象徴する朱色がアクセントになったモダンな空間で、和と琉球がコラボしたメニューの数々を楽しむことができます。沖縄の厳選素材を使った会席料理やしゃぶしゃぶはぜひ味わってみたいところ。友人知人との食事はもちろん、デートやビジネスでの接待などにも使える上質な雰囲気の個室も多数。まさに、超ハイスペック女子・橘みやび(中谷美紀)が訪れそうな洗練されたモダンなお店で、美味しいひとときを楽しんでみてはいかがでしょう。

FRAMES中目黒店

渋谷・恵比寿・目黒
映画
映画『怒り』(2016)で登場したカフェが、目黒区にあるここ「FRAMES中目黒店」です。このカフェでは、2つのシーンの撮影が行われました。大西直人(綾野剛)と薫(高畑充希)が店内で親しげに話している様子を、藤田優馬(妻夫木聡)が外から偶然見かけて2人の関係に不信感を覚えるシーン。そして、その後日に優馬が薫から真相を知らされるという重要なシーンです。FRAMESは「YOUR OASIS IN LIFE」をコンセプトにした、広々としたスペースが魅力的なカフェ。ランチタイムはフリードリンク付きの日替りランチ、ディナータイムはオープン当時から変わらない定番メニューから季節を取り入れた新メニューまで充実。パティシエが作る自家製デザートやバーテンダーが作るドリンクメニューも多彩です。全100席の中には、ソファ席やテラス席も用意。平日の仕事帰りや休日のひととき、都会のオアシスとして、訪れる人の気分を潤してくれます。

Urth Caffe 代官山

渋谷・恵比寿・目黒
ドラマ
ドラマ『先に生まれただけの僕』(2017)の第7話に登場したのが、渋谷区にある「Urth Caffe (アースカフェ)代官山」です。アースカフェ 代官山は、米国ロサンゼルス発のオーガニックコーヒー・カフェの国内第1号店。化学肥料や化学物質を一切使用しない100%無農薬栽培で育てられたコーヒーのほか、人気のボバドリンク、サンドイッチ・サラダ・ピザ・スープなどのフード、ワッフル・ケーキなどのデザートも用意。店内は、ロサンゼルス発のカフェらしい開放的な雰囲気が漂います。ロケ地巡りと代官山散策の合間のひと休みにおすすめのお店。天気のいい日は、ぜひテラス席(ペット可)でくつろいでみてはいかがでしょうか。

エコファームカフェ 632

渋谷・恵比寿・目黒
ドラマ
ドラマ『家売るオンナ』(2016)で白州美加(イモトアヤコ)が度々仕事をサボって休憩をしていたお店が、渋谷区にあるここ「エコファームカフェ 632」です。原宿とは思えない静けさの中で、おいしい自家焙煎コーヒーや自家製パン、自社農園で収穫した無農薬野菜を使った多彩なメニューを楽しむことができます。広い空間に席数は130席。さらに、開放感がきもちいい、ペット同伴OKのオープンテラス席もおすすめ。モーニングやランチ、仕事やおでかけの合間など、街の喧騒を離れてゆっくりとこだわり素材の食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

MAIMON EBISU

渋谷・恵比寿・目黒
ドラマ
ドラマ『IQ246 〜華麗なる事件簿〜』(2016)第3話で89代目 賢正(ディーン・フジオカ)がウエイターをつとめたレストランが、渋谷区恵比寿にある「MAIMON EBISU(マイモン エビス)」です。天高8メートル、大理石に囲まれたスタイリッシュで非日常的な空間は、パーティや宴会・記念日など特別な日のディナーにピッタリ。メニューは「からだが美味しい」にこだわった、四季折々で厳選した素材を使ったフランス料理やイタリア料理がベース。素材の美味しさを引き出す調理法で、一皿一皿ていねいに仕上げた逸品が並びます。ゴージャスな雰囲気に溢れ、ラグジュアリーなひとときを楽しめる大人のレストランです。

HOTEL EMANON

渋谷・恵比寿・目黒
ドラマ
ドラマ『僕のヤバイ妻』(2016)で望月幸平(伊藤英明)が経営するカフェ「マスターピース」として登場するのが、渋谷区にあるここ「HOTEL EMANON」です。望月幸平と北里杏南(相武紗季)の愛人関係が始まる、ドラマのキーになる場所でもあります。渋谷の喧騒を感じさせない、閑静な住宅街の中にあるここHOTEL EMANONは、名前の通りホテルをモチーフにしたレストラン。内観・外観ともに白が基調の洗練された空間は、本作以外にも数々の撮影で使われるほど。フレンチを現代風にアレンジした料理は一品一品上質でありながら、ボリュームも満足度充分。豊富に取り揃えたワイン・シャンパン・カクテル等もぜひ楽しみたいところ。一人でゆっくり楽しむにも、大切な人や仲間と乾杯するにもピッタリのスポットです。

リストランテ ベニーレベニーレ

渋谷・恵比寿・目黒
ドラマ
ドラマ『プライド』(2004)で里中ハル(木村拓哉)と安西容子(石田ゆり子)が食事していたお店が、渋谷区にあるここ「リストランテ ベニーレベニーレ」です。一面ガラス張りの窓から気持ちいい日光が差し込む、高さ8mの吹き抜け天井が開放的なメインダイニングと東京タワーを望む夜景が美しいテラス席があり、『プライド』の他にも多くのドラマの撮影ロケ地として使われています。新鮮でヘルシーな食材を使った、本場イタリアにも認められた本格イタリアンは絶品!ランチでもディナーでも、美味しいロケ地巡りが楽しめるスポットのひとつです。

カレーショップ 田園

23区北部
映画
映画『ぼくのおじさん』(2016)で登場したカレー屋が、板橋区にあるここ「カレーショップ 田園」です。お店の割引券を持っていたおじさん(松田龍平)が雪男(大西利空)を誘って食事をしたものの、お会計でまさかの期限切れが判明するエピソードの舞台となりました。地元に愛されるお店を目指すここカレーショップ田園には、ボリューム満点のカツカレーやふわふわの玉子カレー、お店自慢のオムドライカレーなど、思わず通いたくなるおすすめメニューがズラリ。カウンター席中心の家庭的でアットホームな雰囲気も魅力です。おじさんと雪男のように、たっぷりの福神漬けと食べれば、作品の世界をより深く味わえそうです。

ピエトロコルテ大泉学園店

23区西部
ドラマ
ドラマ『戦う!書店ガール』(2015)第3話で小幡伸光(大東駿介)が北村亜紀(渡辺麻友)に告白したお店が、練馬区にあるここ「ピエトロコルテ 大泉学園店」です。1980年創業当時の味を守り続けている名物の手作りドレッシングで食べるサラダやバラエティ豊かなパスタが美味しいレストラン。すぐ近くに東映撮影所があることから俳優・女優が来店することも!店内にたくさん飾ってあるサインも要チェックです。

古民家カフェ 蓮月

23区南部
映画
映画『ふきげんな過去』(2016)で、果子(二階堂ふみ)たち家族が暮らすエジプト豆料理屋「蓮月庵」として登場するのが、大田区にあるここ「古民家カフェ 蓮月」です。作品内では北品川という設定ですが、実際のお店は大田区池上にあります。古き良き昭和の趣がいまも色濃く残るこの建物は、1927年にそば屋として建てられたもの。作品内の「蓮月庵」という店名も、実際に営業しているカフェの名前も、もともとあったそば屋の店名「蓮月庵」に由来しています。その長い歴史を持つそば屋が2014年に閉店。カフェとして生まれ変わる合間の期間に撮影が行われました。建物の1F、2F、庭がさまざまなシーンで使われ、主要舞台として『ふきげんな過去』の世界観を支えています。現在、1Fはカフェ、2Fの純和風のお座敷はレンタルスペースとして営業中。美味しいお茶をいただきながら、作品の世界と古民家ならではの風情や懐かしさにゆったり浸ってみてはいかがでしょうか。