本文へスキップします。

H1

ロケ地情報一覧ページ

東京ロケ旅DB検索
キーワードで探す
東京ロケ旅一覧

検索結果「274」件

お台場海浜公園

都心
アニメ・マンガ
映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』(2017)に登場するのが、港区にある「お台場海浜公園」のあたりです。岡山から事件を解決するために東京へ向かった主人公・森川ココネ(高畑充希)が、事件の謎を解くカギを握る大手自動車会社会長・志島一心(高橋英樹)と初めて打ち解けて話をする場所です。公園内にある自由の女神像は、台座を含めた高さが約12.25メートル。観光地・お台場を代表するシンボルのひとつです。辺りからは、東京湾にかかるレインボーブリッジを望むことができ、美しい夜景・夕景も人気です。

水道橋 鳥福

都心
ドラマ
ドラマ『妄想彼女』(2015)で登場した居酒屋が、千代田区にある「水道橋 鳥福」です。このお店で、第1話の高島圭祐(浅利陽介)と安西晃平(丸山智己)の食事シーンの撮影が行われました。鳥福は、鶏の旨味がギュッとつまったこだわりの水炊き鍋をはじめ、丁寧に焼き上げた炭火串焼など、新鮮な鶏を厳選し、素材そのものの味わいを追求したさまざまなメニューを揃えた鶏料理専門店。焼酎、日本酒も豊富に取り揃えています。仕事帰りに同僚・友人と、週末に恋人と、おいしい鶏料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

都心
ついでに行きたい!遊べるスポット
根津神社は、約1900年前に日本神話に伝わるヤマトタケルが創祀したとされる古社で、東京十社のひとつです。文明年間(1969〜1486年)に武将・太田道灌によって社殿が造られ、宝永2年(1705年)に徳川綱吉により”天下普請”と呼ばれる大造営が行われました。翌年完成した社殿等7棟は、国の重要文化財に指定されています。縁結びのご利益で知られる「乙女稲荷神社」や、朱塗りが印象的で堂々とした佇まいの「楼門」などがあり、古来より御神威高い名社として多くの参拝客が訪れます。

教育の森公園

都心
ドラマ
ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(2016)の第5話で登場したのが、文京区にあるここ「教育の森公園」です。河野悦子(石原さとみ)と折原幸人(菅田将暉)が自転車を押しながら会話するシーンや、森尾登代子(本田翼)が歩くシーンの撮影が行われました。昭和61年開園の緑豊かなこの公園には、木々に囲まれた自由広場や子ども向けの遊具、「文京区非核平和都市宣言」を記念する彫刻などがあり、地元の人々の憩いの場となっています。また、江戸時代には、徳川光圀の弟・松平頼元が屋敷を構えていたという歴史をもつ土地でもあります。

鳩山会館

都心
ドラマ
NHK連続テレビ小説『花子とアン』(2014)で葉山伯爵邸として登場したのが、文京区にあるここ「鳩山会館」です。葉山蓮子(仲間由紀恵)が兄・晶貴(飯田基祐)に呼び出され、嘉納伝助(吉田鋼太郎)とのお見合いを懇願されるシーンの撮影が行われました。鳩山会館は、かつて内閣総理大臣を務めた鳩山一郎氏の私邸として建設され、戦後政治の舞台ともなった歴史的建築物。その豪奢で風格のある佇まいで通称“音羽御殿”とも呼ばれ、「鳩山」にちなんだ「ハト」をモチーフにした装飾で彩られています。また、庭園には色とりどりのバラが植えられており、5~6月、10~11月の見頃を迎える時季に訪れるとより一層ロケ地巡りを楽しめそうです。

都心
ついでに行きたい!遊べるスポット
港区六本木にある国立美術館。特定のコレクションを持たず、国内最大級の展示スペースを活かした多彩な展覧会が開催されています。館内には12の展示室、アートライブラリー、講堂、研修室等があるほか、レストラン、カフェ、ミュージアムショップなども併設。日本を代表する建築家である黒川紀章の設計によるもので、外観を覆うガラスカーテンウォールが波のような美しい曲線を描き、そのガラス越しに四季折々の美しい植栽を楽しむこともできます。自然とアートをたっぷり堪能できるおすすめスポットのひとつです。

もつ千 赤坂店

都心
ドラマ
ドラマ『コウノドリ』(2017)に登場したのが、港区にある「もつ千 赤坂店」です。第2話で小松留美子(吉田羊)の歓迎会が行われた居酒屋「ぶーやん」として登場後、第5話で下屋加江(松岡茉優)と白川領(坂口健太郎)と小松の3人が話すシーン、第7話で角田真弓(清野菜名)が大森太助(角田晃広)を紹介するシーンで、度々登場しています。「もつ千」は、新鮮なもつと備長炭で焼く串焼きが名物のもつ焼き居酒屋。手頃な価格で豊富なメニューを楽しむことができます。ランチタイムには、ワンコインでボリュームたっぷりのカレーライスも人気。軽く一杯から宴会まで、気軽に行けるお店です。

品川シーズンテラス

都心
ドラマ
ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(2016)第5話で森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(星野源)がふたりでピクニックに訪れ、初めてハグした場所が、港区にある「品川シーズンテラス」です。第8話で津崎がひとりでサンドイッチを食べる場所としても登場しました。品川シーズンテラスは、地上32階建の超高層ビルと3.5ヘクタールの広大な緑地、さらにさまざまなジャンルのショップやレストランが集まった複合施設。撮影が行われた緑地では、オープンシアターやナイトヨガなどの各種イベントも開催されており、スケジュールをチェックして、ランチやディナーと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

ウエストプロムナード

都心
映画
映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003)で恩田すみれ刑事(深津絵里)が犯人に撃たれた現場が、お台場にあるここ「ウエストプロムナード」。海に向かってのびる開放感にあふれるこの通りからは、レインボーブリッジや東京タワーを望むことができます。

東京タワー

都心
映画
映画『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(2007)でボク(オダギリジョー)とオカン(樹木希林)の生活の終着点として登場する象徴的なスポットがここ「東京タワー」。お出かけするなら夜に行くのもおすすめ。さまざまな企業やイベントとコラボした特別なカラーのライトアップや展望台から楽しむ東京の夜景など、いつもとは違う東京のシンボルも楽しんでみたい。

東京タワー

都心
ドラマ
ドラマ『小さな巨人』(2017)に登場するのが、港区にある「東京タワー下交差点」のあたりです。山田春彦(岡田将生)と小野田義信(香川照之)が車の中で会話をするシーンの撮影が行われました。周辺には東京タワーのほか、増上寺や芝公園といった、他の映画・ドラマの撮影が行われたロケ地もあり、一緒に巡ってみるのもオススメです。他のスポットについては、東京ロケたびアプリ内のメニュー「おすすめコース」の「港区 ロケ地巡りコース」をチェック。

網町三井倶楽部

都心
ドラマ
ドラマ『やまとなでしこ』(2000)で神野桜子(松嶋菜々子)と東十条司(東幹久)が披露宴の打ち合わせのために訪れていたのが、ここ港区にある「網町三井倶楽部」。大正2年創立の会員制倶楽部で、風格漂うルネサンス様式の迎賓館を四季折々で彩りを変える美しい庭園が囲みます。

増上寺

都心
映画
映画『ウルヴァリン: SAMURAI』(2013)でヤシダ(ハル・ヤマノウチ)の葬儀が行われたのが、芝公園にあるここ「増上寺」。大々的に執り行われる葬儀の途中で襲撃を受けたローガン(ヒュー・ジャックマン)とマリコ(TAO)が、本殿の前の大階段を舞台に逃走します。また、増上寺会館から光摂殿へと続く屋根瓦の上では、マリコを慕う忍者ハラダ(ウィル・ユン・リー)のアクションが撮影されました。
※東京ロケーションボックス支援作品

草月会館

都心
映画
映画『永い言い訳』(2016)で登場するのが、港区赤坂にあるここ「草月会館」の談話室です。主人公の小説家・衣笠幸夫(本木雅弘)のマネージャーを務める岸本(池松壮亮)が、「先生、奥さん亡くなってからちゃんと泣きましたか、一度でも」と幸夫に対して鋭い言葉を問いかけるシーンの撮影が行われました。草月会館は、日本を代表する建築家・丹下健三による竣工。世界的なアーティストであるイサム・ノグチが手がけた石庭や多目的ホールも備えており、いけばなはもとより、コンサート、演劇、映画、セミナーなどの各種イベントも開催される、ジャンルを越えたアートスポットとして知られています。

東京タワー

都心
映画
映画「ゴジラ」シリーズで度々登場するのが、港区にあるここ「東京タワー」です。第5作『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)では、首都圏上空を飛びまわるキングギドラが、東京タワーを横切った際に上半分が折れ曲がり崩壊。第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(2003)では、ゴジラが空中を飛びまわるモスラに向かって放った放射能熱線が、東京タワーに直撃してタワー上部がへし折られてしまいます。第28作『ゴジラ FINAL WARS』(2004)では、東京タワー周辺からモンスターX(カイザーギドラ)に向けて、ゴジラが放射能熱線を放った際の爆風によって東京タワー一帯が吹き飛ばされました。
東京タワーといえば、モスラの幼虫が繭を作った場所としても知られていますが、このシーンはゴジラシリーズのスピンオフ作品『モスラ』(1961)での作中の場面です。

芝公園

都心
映画
映画『謝罪の王様』(2013)のロケ地のひとつが、港区にあるここ「芝公園」です。政府を巻き込む国際問題の発端となる、重要なシーンの撮影が行われました。芝公園は、明治6年に開園した、都内でも有数の古い歴史をもつ公園。緑あふれる広大な敷地内には散策路や児童遊園の他、芝丸山古墳(前方後円墳)や丸山貝塚といった史跡も。また、公園の隣には映画『ウルヴァリン:SAMURAI』のロケ地となった増上寺もあります。東京タワーにも歩いてすぐの好立地。ぜひ、ひと巡りしてみたいスポットです。
※東京ロケーションボックス支援作品

スワンカフェ 銀座店

都心
ドラマ
ドラマ『のだめカンタービレ』(2006)最終話で、多賀谷彩子(上原美佐)と千秋征子(黒田知永子)が千秋真一(玉木宏)の留学先について話していたお店が、中央区にあるここ「スワンカフェ 銀座店」。ヘルシーなサンドイッチ、日替わりパスタ、こだわりの焼き菓子、隠れた人気メニューのキッシュなど、種類豊富なメニューが魅力。お隣の「スワンベーカリー」から運ばれてくる焼きたてのパンもぜひ一度味わってみたいところ。モーニング・ランチをゆっくり楽しむカフェとして、夜はお酒と一品を楽しむビストロとして、どんな時も美味しいひとときをくれる、居心地のよいお店。天気のいい日はオープンテラスがオススメです!

MY HUMBLE HOUSE TOKYO

都心
ドラマ
ドラマ『リーガルハイ』(2013)第5話で薫真知子(新垣結衣)と羽生晴樹(岡田将生)が食事をしていたレストランが、中央区にあるレストラン「MY HUMBLE HOUSE TOKYO」です。足を踏み入れると広がる優雅でラグジュアリーな空間、生演奏によるBGM、心地よいおもてなし。夜の銀座にふさわしい大人な雰囲気の中で、世界のセレブたちを魅了してきたエスニック料理を楽しむことができます。リッチなディナーはもちろん、記念日や誕生日など、特別なひとときをドラマのワンシーンのように演出してくれる素敵なレストランです。

スカイレストラン ルーク

都心
ドラマ
ドラマ『花より男子』(2005)第8話で牧野つくし(井上真央)と道明寺司(松本潤)が話をしていた屋上レストランが、中央区の聖路加ガーデンにあるここ「スカイレストラン ルーク」です。つくしと道明寺椿(松嶋奈々子)と松岡優紀(西原亜希)が、“TOJ”について話すシーンでも登場しています。地上221mから東京の街を眺めながら、世界各国の食材と調理法で仕上げた上質なランチ・ディナーを楽しめる天空レストラン。まるで空の上にいるかのような開放的なテラス、天井高13mのスタイリッシュな空間が広がるダイニング、東京の空と景色を一望できるスカイラウンジ、ゆっくりプライベートタイムを過ごせる個室を取り揃えており、お祝いや記念日など、大切な人と一緒にドラマのような「感動の瞬間」を共にできるのが魅力です。

浜町公園

都心
映画
映画『容疑者Xの献身』(2008)に登場したのが、中央区にある「浜町公園」です。数学教師・石神哲哉(堤真一)が通勤途中に通った、屋台が出ている公園として登場します。浜町公園は、中央区内で最大の面積を誇り、芝生広場や遊具広場、運動場を有する、区を代表する公園。園内からは、すぐ横を流れる隅田川を眺めることができます。また、公園の近くには、劇中に登場するお弁当屋さんもあります。お弁当をもって、公園のベンチでランチを楽しんでみてはいかがでしょうか。