本文へスキップします。

H1

映画『翔んで埼玉』

ロケ撮影支援作品詳細
映画『翔んで埼玉』を支援しました!
2019.02.22 国内映画
原作魔夜峰央この『マンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)
監督武内英樹
脚本徳永友一
音楽Face 2 fAKE
出演二階堂ふみ  GACKT
伊勢谷友介  ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演) / 中尾彬 / 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒  竹中直人
京本政樹
プロデューサー若松央樹 古郡真也
制作プロダクションFILM
配給東映
撮影場所:都庁通り ほか
公式サイト:http://tondesaitama.com/
埼玉県の農道を、1台のワンボックスカーがある家族を乗せて、東京に向かって走っている。
カーラジオからは、さいたまんぞうの「なぜか埼玉」に続き、DJが語る埼玉にまつわる都市伝説が流れ始める―。

その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けていた。
通行手形がないと東京に出入りすらできず、手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。

東京にある、超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に、生徒会長として君臨していた。
しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、百美の運命は大きく狂い始める。

麗は実は隠れ埼玉県人で、通行手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。
その正体がばれて追われる身となった麗に、百美は地位も未来も投げ捨ててついていく。

2人の逃避行に立ちはだかるのは、埼玉の永遠のライバル・千葉解放戦線のリーダーであり、壇ノ浦家に使える執事の阿久津翔(伊勢谷友介)だった。
東京を巡る埼玉vs千葉の大抗争が群馬や神奈川、栃木、茨城も巻き込んでいくなか、伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)に助けられながら、百美と麗は東京に立ち向かう。果たして埼玉の、さらには関東の、いや日本の未来はどうなるのか――!?

撮影風景

 映画『翔んで埼玉』では、東京ロケーションボックス始まって以来の大掛かりなロケ撮影が行われました!
警視庁本部、新宿警察署ほか、周辺施設、企業、住民等の協力により、3日間の新宿・都庁通り全面及び部分交通規制を敢行!のべ1000人を超えるエキストが参加し、デコトラ・デコバイクにトラクターなどで押し寄せる埼玉・千葉連合と、警察・機動隊とが対決するクライマックスシーンを撮影!映画ならではのスペクタクルな映像が実現しました!