本文へスキップします。

H1

映画『麻雀放浪記2020』

ロケ撮影支援作品詳細
台東区フィルムコミッション、東京ロケーションボックスが支援しました
2019.04.05 国内映画
原作阿佐田哲也
監督白石和彌
脚本佐藤佐吉 渡部亮平 白石和彌
音楽牛尾憲輔/主題歌:CHAI「Feel the BEAT」(Sony Music Entertainment)
出演斎藤工
もも(チャラン・ポ・ランタン) ベッキー 的場浩司 岡崎体育
ピエール瀧 音尾琢真 村杉蝉之介
伊武雅刀 矢島健一 吉澤 健 堀内正美 小松政夫
竹中直人 ほか
プロデューサー矢島正之
甘木モリオ
制作プロダクションシネバザール
配給東映
撮影場所:仲見世、駒形橋、下水道専用道路ほか
『麻雀放浪記2020』:http://www.mahjongg2020.jp/index.html

ストーリー

突然ですが、1945年の《戦後》から【東京■リン■■■】が中止となった2020年の新たな《戦後》へ“奴”はやってきた。その男の眼に映るのは、彼の知る戦後とは別の意味で壊れたニッポンの姿。少子高齢化に伴う人口減少、マイナンバーによる過剰な管理社会、AI導入がもたらした労働環境破壊、共謀罪による言論統制・・・国が掲げる、輝かしい明日は何処へ消えてしまったの? この一見絵空事のような未来に現れた“奴”の名は——————“坊や哲”(ボーヤテツ)!
二十歳で童貞なんていう若干無理な設定なんだけど、幾多の激戦を制してきた若き天才ギャンブラーが次に戦うのは、私たちの生きるこの世界、未来の日本だったのだ!

【前代未聞!『麻雀放浪記2020』完成披露試写“しない”イベント開催!】

3月20日(水)、新宿バルト9にて、本作初のイベントとなる【完成披露試写“しない”イベント】が行われました!公開前の試写を実施していない本作。完成披露も、前代未聞の「試写“しない”」ことを宣言したイベントとなりました。シークレットとなっていた上映作品は、和田誠監督版『麻雀放浪記』(1984)。招待客の皆さんと一緒にキャストと監督も鑑賞し、『麻雀放浪記2020』のムビチケがプレゼントされました!
なんとも気になる展開を見せてきた映画『麻雀放浪記2020』。お楽しみに!

撮影風景

【下水道専用道路】
 ロケは下水道専用道路で行われ、竹中直人さんの出演するシーンが撮影されました。たびたび同所で映画ロケが行われるため、近隣の方々から「今日は何の映画?」「誰が来てるの?」声を掛けられたりと、すっかり顔なじみになりました! 

【仲見世 駒形】
 台東区フィルムコミッションが大活躍しています!
詳しくはこちら!