本文へスキップします。

H1

映画『記憶にございません!』

ロケ撮影支援作品詳細
映画『記憶にございません!』を支援いたしました。
2019.09.13 国内映画
監督三谷幸喜
脚本三谷幸喜
出演中井貴一 ディーン・フジオカ 石田ゆり子 草刈正雄
佐藤浩市 小池栄子 斉藤由貴 木村佳乃 吉田羊 山口崇 田中圭 梶原善 寺島進
制作プロダクションシネバザール
配給東宝
撮影場所:築地市場 ほか
公式サイト:https://kiokunashi-movie.jp/

ストーリー

病院のベッドで目が覚めた男。自分が誰だか、ここがどこだか分からない。一切の記憶がない。 こっそり病院を抜け出し、ふと見たテレビのニュースに自分が映っていた。 演説中に投石を受け、病院に運ばれている首相。そう、なんと、自分はこの国の最高権力者だったのだ。 そして石を投げつけられるほどに…すさまじく国民に嫌われている!!! 部下らしき男が迎えにきて、官邸に連れて行かれる。 「あなたは、第百二十七代内閣総理大臣。 国民からは、史上最悪のダメ総理と呼ばれています。 総理の記憶喪失は、トップシークレット、我々だけの秘密です」 真実を知るのは、秘書官3名のみ。 進めようとしていた政策はもちろん、大臣の顔と名前、国会議事堂の本会議室の場所、自分の息子の名前すら分からない総理。 記憶にない件でタブロイド紙のフリーライターにゆすられ、記憶にない愛人にホテルで迫られる。 どうやら妻も不倫をしているようだし、息子は非行に走っている気配。 そしてよりによってこんな時に、アメリカ大統領が来日! 他国首脳、政界のライバル、官邸スタッフ、マスコミ、家族、国民を巻き込んで、 記憶を失った男が、捨て身で自らの夢と理想を取り戻す! 果たしてその先に待っていたものとは…!?

撮影風景

移転を控えた築地市場での最後の撮影となりました。数時間かけて組み立てた鉄鋼セットにより、築地市場は巨大な工事現場へと変えられました。劇用車が到着し、夜の撮影がスタートしました。夜中まで続いた撮影でしたが、施設管理者の方、築地市場で働く方々のご協力により無事に撮影完了しました。