本文へスキップします。

H1

映画『アルキメデスの大戦』

ロケ撮影支援作品詳細
映画『アルキメデスの大戦』を支援いたしました!
2019.07.26 国内映画
原作三田紀房『アルキメデスの大戦』(講談社『ヤングマガジン』連載)
監督監督・脚本・VEX 山崎貴
音楽佐藤直紀
出演菅田将暉 舘ひろし 浜辺美波 柄本佑 小林克也 小日向文世 國村隼 橋爪功 田中泯 ほか
制作プロダクションROBOT
配給東宝
撮影場所:法務省旧本館(赤れんが棟)

ストーリー

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という持論を持つ海軍少佐・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者・・・。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」・・・この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、【大和】・・・。

撮影風景

法務省旧本館(赤れんが棟)にて映画『アルキメデスの大戦』の撮影が行われました。
海軍省に見立てて撮影し、廊下も当時の様子に合わせ「人事局」「警務局」などに部屋の案内板を装飾しました。
赤れんが棟の外には、劇用車のオースチンやパッカードが複数並び、普段では滅多に見られない光景が広がる撮影となりました。