本文へスキップします。

H1

映画『駅までの道をおしえて』

ロケ撮影支援作品詳細
映画『駅までの道をおしえて』を支援いたしました。
2019.10.18 国内映画
原作伊集院静『駅までの道を教えて』(講談社文庫)
監督監督・脚本:橋本直樹
音楽原摩利彦
出演新津ちせ 有村架純/坂井真紀 滝藤賢一 羽田美智子
マキタスポーツ/余貴美子
柄本明/ 市毛良枝 塩見三省/笈田ヨシ
撮影場所:大柳用地
公式サイト:https://ekimadenomichi.com/

ストーリー

サヤカ(新津ちせ)は、赤い電車が通る湾岸の街に両親(坂井真紀、滝藤賢一)と暮らす8歳の少女。臨海学校に出かけた数日の間に愛犬のルーがいなくなったことが受け入れられず、ルーと一緒に過ごした場所を訪れては、その姿を探している。
ある日、サヤカはかつてルーに導かれて見つけた、線路の跡が残る原っぱで一匹の犬と出会う。犬はすぐに姿を消すが、数日後、近所の喫茶店の前につながれていた。サヤカは、見るからに頑固そうなマスターのフセ老人(笈田ヨシ)に、犬の名前はルースで、ルースの方から店にやってきたのだと聞かされる。時の止まったようなジャズ喫茶を営むフセ老人もまた、数十年前に幼くして亡くなった息子の死を受け入れられずにいた。
やがてサヤカは喫茶店に通うようになり、ルーの思い出話をしたり、フセ老人の息子コウイチロウーの話を聞いたりするうちに、フセ老人と打ち解けていく。サヤカは、フセ老人が待っているという大切な「何か」を、ただ待ち続けるのではなく、一緒に探しに行こうと提案する。
週末。サヤカとフセ老人とルースは海に向かった。「何か」とは一体なんなのか?そして二人は「何か」を見つけることができるのだろうか? 

撮影風景

撮影支援の依頼を2017年6月に受け、それから場所の選定が行われ、2018年4月から10月末までの間、八王子市上壱分方町に所在する「大柳用地」にて、近隣住民・自治会の方々の協力を得て、撮影が行われました。
撮影現場は、原っぱで手入れを怠るとすぐに雑草が伸びてしまう場所であった為、撮影日程に合わせての草刈りや、近くの川の土手から「カヤ」の草の運び入れなど、撮影に入る前の準備が大変でした。また、桜が散り始めた4月は肌寒く、5月、9月は真夏のような暑さが続いたり、台風の接近により、ブルーシートの点検補強を行いながら撮影を行いました。そんな中長期にわたり、監督、スタッフ、キャストが全力で撮影をしていた作品です。
公開をお楽しみに!